FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯潜入レポート

先日、車で大阪市内を走行中

ふと目に入ってきたのが昔懐かしい『THE 銭湯』。


sentou


今増えているスーパー銭湯ではない、昔ながらの番台があるタイプのヤツです。

小学生以来足を踏み入れる事が無かった領域に、物凄く興味をそそられ、意を決していざ潜入。



「410円?」

70代と思われるお婆さんが出迎えます。

何も持たずに入った私はバスタオル(100円)・シャンプー(30円)・リンス(30円)も購入し、合計570円。

男性用と女性用を区切る魅惑のカーテンの横を、お約束かのようにチラ見しつつ脱衣所へ。




本当に時代が戻ったかのようなノスタルジックな空間。

大きな鏡の端にはもう営業していないであろう理髪店の広告「あなたのスタイル思いのままに。」


哀愁が漂います。



服を脱ぎ、浴室内へ。
(諸事情により撮影禁止のようですので注意)


懐かしさ溢れる和と地中海風の融合された造り。

昔は連れて行ってもらえると聞いただけではしゃいだ頃を思い出しました。

風呂のタイプは普通のもの、ジャグジー風、うたせ湯、電気風呂、水風呂、スチームサウナ等バリエーションに富んだ内容となっています。


ただ、水風呂以外の湯は中々熱い!

1?2分浸かっただけでのぼせてきます。



風呂あがり、『みかん水』を買い、昔喫茶店にあったような台型ゲーム機に腰掛け一服。

麻雀とシューティングゲームの2種類が楽しめます。

ドライヤーの使用20円。合計590円。





技術の進歩に伴いハイテク化が進んだ現代社会。
時代の波に揉まれながらも、たくましく生き残ろうとする形がそこにはありました。
時代の変化に疲れた方は是非。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。